スポンサードリンク


スポンサーサイト

認知症ケア専門士認定試験とは?その3

バリデーションと認知症ケア専門士について(バリデーションの学習を優先してはどうでしょうか?セミナーを受けなくても、バリデーションの本を読んで実践するだけで認知症の人への理解とコミュニケーション能力が深まります。それからでも、セミナーやバリデーションの指導員の方からの学習をしても遅くはありません)もう一度、認知症ケア専門士の学習内容に付いて見てみます。①認知症ケアについては■認知症ケアの理念■認知症の...

認知症ケア専門士認定試験とは?その2

厚生労働省は、介護予防や地域密着型サービス等を実施し、その最重要課題に認知症対策を掲げていますが、介護の現場では必ずしも十分な対応ができているとは言えません。そのような中で「認知症ケア専門士」は要介護者、家族、事業者、地域住民から期待される専門職として脚光を浴び、ますます重要視されています。既に現場の従事者においては、行政また個別で研鑽が進んでいますが「認知症ケア専門士」はその知識・技術を証明する...

認知症ケア専門士認定試験とは?その1

認知症ケアに対する優れた学識と高度な技能および倫理感を備えた専門技術士であるとともに、我が国における認知症ケアの技術の向上並びに保健・福祉に貢献することを目的として設けられた更新制の資格で、このような課題に対して日本認知症ケア学会が「認知症ケア専門士」の認定資格を実施し、そのニーズへの対応をしています。...

身体拘束について

身体拘束には多くの弊害があります。大きく3つに分かれます。身体的弊害、精神的弊害、社会的弊害です。身体的弊害では、身体拘束による筋力低下、身体機能の低下、圧迫部位のじょくそうの発生、食欲の低下、感染症への抵抗力の低下、車椅子の拘束では転倒事故、ベッド柵では、乗り越えによる転落事故、抑制具による窒息などが考えられます。精神的弊害では、人間としての尊厳を侵しています。本人に不安や怒り、屈辱、あきらめと...

認知症と音楽療法に付いて

音楽療法には、曲を鑑賞するだけの「聴く音楽療法」や、簡単な楽器で演奏したり、曲に合わせて手拍子をとったり、カラオケで歌ったり合唱したり、歌う前後に認知症の方の曲にまつわる思い出を聞いていったり、季節の話をしながら季節感のある歌を歌うなどいろい考えられます。認知症の方への音楽療法の効果としては、65歳以上の軽度の認知症の方を対象に、毎週1回1時間弱の音楽療法を8から10回行ったところ(2から3ヶ月)記銘力や...

介護保険がまにあわない

突然の非常事態で、混乱しているのは、実は私だけではなかった。当たり前のことだが、父と母がのほうがもっと混乱していたと思う。どっちにしても、母は、ショックで車の運転が出来なくなり、料理が作れない、作る気力がない、買い物に行けない、掃除が出来ない、物忘れで、火の元が心配となれば、介護保険のお世話になるしかない。両親は一時的なものとして、泊り込みでお手伝いさんを雇うことを検討していた。...

医療、福祉、介護とバッティングセンターについて その2

私は、今、介護職を目指しています。介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャーなどです。きっかけは、父親で、老人介護のなかでも、要介護1を介護保険でいただきました。当初週1回だけパワーリハビリに行っていましたが、成果が出ずにというか、行きたくないという理由で(立派な理由です)やめちゃいました。介護施設で現在研修中ですが、デイサービスや、特養のお年寄りを見ていると、私の父も含めて、体さえしっかり動け...

自分の老後の設計を考えながら人様の老後、介護にかかわる2

自分の老後の設計(経済に関しては、老後の保険、個人年金、退職金、生命保険、節税のしかた、あるいは借金をするのか、不労所得を確保する、株、FX、不動産、ネットビジネス等の副業収入、自分の健康について、重たいものを持たない、食事、サプリ、フィットネスクラブ等運動などに気をつけること、労働時間を少しずつ減らして、家族、友人との時間、自己啓発の時間、ワクワクすることを一つ残らず実行する等を少しずつイメージと...

プロフィール

yassan8

Author:yassan8
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。