スポンサードリンク


介護とコミュニケーションサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/12-230ca83d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

介護とコミュニケーションサイトトップ >介護職員基礎研修 >>介護職員基礎研修における認知症の人とのコミュニケーションスキル

介護職員基礎研修における認知症の人とのコミュニケーションスキル

介護職員基礎研修において、認知症は教科書一冊分割り振られている。そして、認知症の人とのコミュニケーションスキルについても言及している。

介護はプロの仕事であり、介護職員には、介護される人の全人格の理解が求められる。

なぜなら、平成17年の介護保険法の改正で、介護の目的を定める同法第1条が改められ、介護の理念は尊厳を支えることにあると明記されたからだ。

介護される人の尊厳を支えるには、その人の身体の状況だけでなく、その人の心の状況、全人格を把握することが必要になる。つまり、その人がどんな思いで、どのように生きたいと望んでいるのかを知りその人らしい人生を全うするように、


10月の認知症の人との接し方体験講座http://profile.ameba.jp/supikotiwakumoa/

スポンサードリンク


ケアマネージャー等を中心に、ケアチーム(医師、看護士、理学療法士、作業療法士、サービス提供責任者等)を組みながら役割を果たさなければならないとされる。

尊厳ある生き方を支えるという人類史上類のない最高の理想を実現するのが介護保険である。

理想と現実にはかなりギャップがあるかもしれないのは、実際に介護保険を利用してみて思うことである。ケアマネージャーの仕事がパッチワーク(限られたサービスを利用者に当てはめているだけ)ともよく言われている。

利用者の本当のニーズを汲み取るには高いコミュニケーションスキルがいるし、利用者さんに合わせて新たなサービスを創造していく力もいる。利用者側がこの介護保険のすばらしい理念を理解することで、排泄、食事、洗濯の介助だけでなく、その上にある本当にやりたいことを自信を持って、こういう風にしていきたいと提案して実現していくことができる。

10月の認知症の人との接し方体験講座http://profile.ameba.jp/supikotiwakumoa/


★よく閲覧してもらっています。ありがとうございます<(_ _)>
介護予防型デイサービス
認知症 対処
NLP 老後
認知症 高齢者とのコミュニケーション
認知症 コミュニケーション法
介護職員基礎研修
がん 保険 医療 終身


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/12-230ca83d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

yassan8

Author:yassan8
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。