スポンサードリンク


介護とコミュニケーションサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/22-a6471835

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

介護とコミュニケーションサイトトップ >老人介護 >>医療、福祉、介護とバッティングセンターについて その2

医療、福祉、介護とバッティングセンターについて その2

私は、今、介護職を目指しています。介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャーなどです。きっかけは、父親で、老人介護のなかでも、要介護1を介護保険でいただきました。当初週1回だけ
パワーリハビリに行っていましたが、成果が出ずにというか、行きたくないという理由で(立派な理由です)やめちゃいました。介護施設で現在研修中ですが、デイサービスや、特養のお年寄りを見ていると、私の父も含めて、体さえしっかり動けば、当面何の問題もないのに、という感じですし本人もそういっています。

つまり、介護予防にもっとも必要なのは、早期からの継続した筋力アップとそのノウハウを本人が知っているかどうか、勉強して実行したかどうかにかかっていると思います。現に、そんなに難しく考えなくても、ジムの水泳教室には要介護予備軍のおばあちゃんたちがたくさん来ています。お話を聞くと、年をとって家族に迷惑をかけないように、体を鍛えているとのことでした。現代社会では、足腰の筋力アップをして、介護予防に使えるものが、注意してみれば、普通に転がっているということです。地域包括支援センター等が取り組んでいる介護予防プログラムがありますが、私は、これを見て、なんてよく考えられているんだろう、すばらしいと思ったのですが、これを使う側からすると、ある市では、つまらないらしく人が集まらないと聞いています。巷にあふれている楽しいレジャーに比べると、それは、どんなにすばらしいプログラムでもつまらないものに感じるのも無理はないかなと最近は思っています。

私の、父は85歳でかなりくたびれてきていますが、この前、日用品や食品を車で買いに行ったついでにバッティングセンターに付き合ってもらいました。もちろん、私のストレス解消のためですが、ふとひらめいて、父にもバッターボックスに立ってもらいました。条件として、むきになって振らないこと、軽く振ること等の条件を出しました。骨でも折れたらえらいことなので。10玉が限界でしたし、ほとんど見送りでしたが、スイングできたときもあり、


スポンサードリンク


そのとき感じたのはこれはリハビリに使えるかもということでした。年寄りだからといって、なにも、年寄り用のプログラムを開発しなくても、いまま楽しんできたスポーツを、スローでやるほうがよっぽど面白いし、ワクワクするし、興奮するし楽しいのではないかと思ったしだいです。特にバッティングセンターで父がバットを振っているのを見たときに感じたことは、これを少しずつ続けていけば、必ず玉があたるようになるだろうなという感覚でした。つまり、10球ずつでも続けていけば進歩するだろうなと言う感覚です。いままで、楽しんでいたスポーツなり運動をルールを変えたり、スローにするなどして楽しむ、しかも上達する、という発想です。そう考えると、今まで無理だと思っていた、ゴルフの打ちっぱなしなんかも、継続性という意味で、筋力アップ、健康、介護予防の為に活用できるのではと思うようになってきました。
★よく閲覧してもらっています。ありがとうございます<(_ _)>
介護予防型デイサービス
認知症 対処
NLP 老後
認知症 高齢者とのコミュニケーション
認知症 コミュニケーション法
介護職員基礎研修
がん 保険 医療 終身
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/22-a6471835

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

yassan8

Author:yassan8
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。