スポンサードリンク


介護とコミュニケーションサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/29-bf9226a5

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

介護とコミュニケーションサイトトップ >認知症とケア >>認知症の人とのコミュニケーションとケア、癒しとバリテーションについて

認知症の人とのコミュニケーションとケア、癒しとバリテーションについて

認知症の人とのコミュニケーションの方法は、認知症という病気の理解と、進行に合わせた対処法、認知症の方がおかしなことを言っておられるというのではなく、ちゃんとした原因があって行動されており、それを突き止める姿勢など、多くの本が出ているので参考にしていただくとして、私が、注目しているのは、バリテーションというコミュニケーションの技術です。

痴呆性高齢者の介護術の一つで、認めたり共感したりしながら上手にコミュニケーションをとるための方法で、アメリカのソーシャルワーカー、ナオミ フェイルによって開発されたといわれています。


スポンサードリンク


バリデーションは本来は確認、承認といった意味。痴呆症の問題行動とされていた叫びや徘徊なども、何らかの意味があるものとして介護者が受け入れる事によって、また、ほとんど反応が無かった重度の痴呆高齢者ともコミュニケーションがとれるようになるという。

私のイメージでは、バリテーションはコミュニケーション技術と言うよりは、認知症で苦しんでおられる方への癒しの技術ではないかと捕らえています。バリテーションという技術を認知症の方とのコミュニケーションに使うことによって、認知症の方の不安が癒されるということではないかと思っています。

最初は、バリテーションの本や映像を見て大局をつかんだら、ワークショップ、セミナー、実際にバリテーションを介護の施設で取り入れているところへ見学に行く、ナオミ フェイルさんに会いに行くなどの行動が必要と思われます。グループホーム、特別養護老人ホーム、等認知症の方は現場に必ずおられるわけですから、必ず役に立つと思います。

以下大雑把な説明を記述します。

★よく閲覧してもらっています。ありがとうございます<(_ _)>
介護予防型デイサービス
認知症 対処
NLP 老後
認知症 高齢者とのコミュニケーション
認知症 コミュニケーション法
介護職員基礎研修
がん 保険 医療 終身



スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/29-bf9226a5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

yassan8

Author:yassan8
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。