スポンサードリンク


介護とコミュニケーションサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/44-f356eda2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

介護とコミュニケーションサイトトップ >コーチング >>NLP traningtとコーチング、介護における傾聴、共感、受容、等のコミュニケーションスキル

NLP traningtとコーチング、介護における傾聴、共感、受容、等のコミュニケーションスキル

介護自体が意図的に行う行為であるので、当然、コミュニケーションもコミュニケーションスキルを駆使して、意図的に行われ、介護に生かして行きます。

つまり、傾聴、共感、受容、他者理解、自己覚知といった、技術について知り、言語的なコミュニケーションだけでなく非言語的なコミュニケーション(表情、身振り、手振り、声のトーン、態度)の存在についても教育を受けました。ただ、トレーニングについては、ごく簡単な

スポンサードリンク


ワークショップしかありませんでした。(相手の目を見ないで話すとか、後ろ向きになって話しをするとどう感じるか等)コミュニケーションは単なる会話ではなく、介護を行う上でなくてはならない手段であるということ、コミュニケーションをサービスを提供するための技術として、スキルとして捕らえていくことが介護職として要求されるのだと思いました。

これらのことを学んでいくうちに気が付きました。
それは、いわゆるコーチングとかNLPという技術は介護におけるコミュニケーションと信頼関係形成の基礎的理解と重なるものがたくさんあるということでした。

そこで、NLP(神経言語プログラミング)traninngの本をたくさん買い込みました。介護におけるコミュニケーションと信頼関係形成の基礎的理解についてNLP(神経言語プログラミング)との共通点をたくさん感じています。

たとえば、信頼関係の形成をNLPではラポールと表現していましたし、介護で重要な観察のことをキャリブレーションと表現しています。介護におけるコミュニケーションスキルである、観察、傾聴、共感、受容、他者理解、自己覚知といったことが、すべてにおいて重なってきているように思いました。
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/44-f356eda2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

yassan8

Author:yassan8
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。