スポンサードリンク


介護とコミュニケーションサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/52-96ef6b32

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

介護とコミュニケーションサイトトップ >老人介護 >>介護が視野に入ってきた,老老介護になる前に

介護が視野に入ってきた,老老介護になる前に

介護は学べば怖くないという記事が新聞にあった。ニチイ学館の広告ページだった。

介護は突然やってくるといわれる。

親の介護のために、ホームヘルパーや介護福祉士など、介護の資格、講座、試験、さらに突っ込んで、ケアマネージャー、介護支援専門員資格試験などの勉強をすることが、介護力をつけ、不安を取り除いたり、実際の介護にあたり有効であるというのだ。なるほどと思った。今なら、介護職員基礎研修あたりだろうか。本屋へ行って、

スポンサードリンク


介護関係や老人、高齢者、認知症に関する本を手当たり次第に読み漁った。

そして、介護保険に行き当たった。地域包括支援センターへの相談から始まった。

介護は突然やってくる。と言われるた。そのとき自分の仕事はどうする。転職か?それとも、家を移すか?家を買うか?同居?遠距離介護?不動産であるマンションの売買を検討しなければならない。

仕事をやめて介護に専念するか?有料老人ホーム?特別養護老人ホーム?ケアハウス?病院?ホームヘルパーや介護福祉士になるか?

自分の収入の激減をどうカバーするのか?
どれも重たい問題ばかり。時間が足りない。

経済的な困窮か、遠距離介護か、ならば、両親が元気なうちから準備せよ!ということか。
そのときに備えて、しっかりと、稼いでおくこと。
新しい生き方を考えること。

両親がぼけないようにするのも子供の責任。
こまめに電話したり、FAXを送ったりする。電話には出たくないというお年よりも多いので、週末は帰省できるものなら、こまめに帰って、できるだけ話し相手をする。一緒に買い物に行く。一緒に料理を作る。何か、用事を頼む。体をマッサージするなど、体に触れてスキンシップを取る。気持ちいいことなら何でもする。アロマや、オイルセラピーを試す。

タブーではなく、そのときのためによく話し合い
出来ることは、何でもやり始めよう!

★よく閲覧してもらっています。ありがとうございます<(_ _)>
認知症 コミュニケーション
認知症 高齢者とのコミュニケーション
認知症 コミュニケーション法
介護職員基礎研修
がん 保険 医療 終身

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/52-96ef6b32

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

yassan8

Author:yassan8
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。