スポンサードリンク


介護とコミュニケーションサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/53-71850090

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

介護とコミュニケーションサイトトップ >ターミナルケア >>ターミナル(終末期)ケア、スピリチュアルペインについて5

ターミナル(終末期)ケア、スピリチュアルペインについて5

グリーフケアについて、

グリーフ(grief)とは、夫や妻、子ども、父、母、兄弟等、大切な人を亡くした深い悲しみ、喪失感をいいます。

グリーフケア(家族の悲嘆へのケア)については、そこからの立ち直りをサポートしていくもので、同じ話を何度も何度も聞くこと!そうすることで、家族特に、介護者の計り知れない心の悲しみが整理出来てくる。立ち直りのサポートケアです。グリーフワークというものがあり(何度も何度も話し合ったり、泣き叫んだり、紙に書いたり



スポンサードリンク


と言う作業を繰り返して消化していく)ます。

しかし介護者は、介護に後悔が残り、立ち直れない場合、うつ状態になったり、体調を崩したり、することがあり、これに対して、専門家(グリーフ・カウンセラー)も少しずつ増えているようです。

人は大切な人との死別から精神的に立ち直るまで、いくつかの段階を経ていきますが、立ち直るまでに1年から数年かかるそうです。悲しみの表れの推移を、急性期(ショックの段階)、中期(死・死者への執着段階)、回復期(精神的自立の段階)の三段階に分ける説があります。

急性期には、現実を否定するなど、死の事実を受け止められない状況に陥ることが多く、これは大きな悲しみに対する自己防衛反応で、その後、深い悲しみが押し寄せます。ここで思い切り泣くことも、立ち直りを助けるといいます。

中期は、数年間かかるとも言われています。後悔などから、なかなか抜け出せないこともあり、不眠、食事が食べられない、倦怠感、うつ症状といった状態が続いていたりします。特徴的なのは、怒りや恨みで、自分に向けられれば自責の念となります。

★よく閲覧してもらっています。ありがとうございます<(_ _)>
コーチングとかNLP
認知症 高齢者とのコミュニケーション
認知症 コミュニケーション法
介護職員基礎研修
がん 保険 医療 終身








スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/53-71850090

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

yassan8

Author:yassan8
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。