スポンサードリンク


介護とコミュニケーションサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/55-7cf23c71

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

介護とコミュニケーションサイトトップ >老人介護 >>介護職への転職、就職

介護職への転職、就職

親の介護が迫ってきたときに、退職するか、転職するか、アルバイトをするか、介護休暇を使うなど、割り切ってそのまま仕事を続けるか、選択を、迫られます。

私は、いったん有給休暇などを消化し、しばらく勤めた後、退職する道を選びました。

不安を抱えたまま働き続けて、何の手も打てず、このまま時が過ぎて行くのは、自分の将来のことも含めまずいのではないかというと思いがありました。(親が病気になって入院したことで、自分の




スポンサードリンク


中で何か価値観が変わったようです。今までの価値観ではもう無理と少しずつ考えるようになりました)同じ発想では何も変わらない、なにか心構えとして、別の価値観がいる。

以前、夕刊に載っていた、ニチイ学監のホームヘルプ2級の広告
介護は学べば怖くない、と言う言葉に励まされ、資料を収集したり、本を買い込んで見ました。

そして、極端と思われるかもしれませんが、やはり、本で学ぶには限界があり、いっそ介護職へ、、自分の不安を取り除くためにはこれしかないという想いがあり、チャレンジしています。

そして、介護は学べば怖くないはほんとうでした、死は誰にでも来ることで、特別なものではないこと、一つ一つ不自由になっていく中でいかに、可能性にフォーカスしていくか、出来ることをみつけていくか資源を見つけていくか、今まで、仕事では、考えもしなかったこと、しかし人間としては当たり前のことを、お年寄りを通して学ばせていただいています。日々、気づきの連続です。


★よく閲覧してもらっています。ありがとうございます<(_ _)>
認知症 高齢者とのコミュニケーション
認知症 コミュニケーション法
介護職員基礎研修
がん 保険 医療 終身



スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/55-7cf23c71

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

yassan8

Author:yassan8
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。