スポンサードリンク


介護とコミュニケーションサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/64-bbf2dc4a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

介護とコミュニケーションサイトトップ >うつ病 >>介護者のうつ病、自己診断、仕事、カウンセリング 介護疲れ3

介護者のうつ病、自己診断、仕事、カウンセリング 介護疲れ3

ドクマチール錠50ミリグラムとデパス錠0.5ミリグラムを処方していただきました。抗うつ剤ではなく不安などに効き目のある軽い薬との事でした。もともとは、胃薬のようなものだったと聞きました。

抗うつ剤は即効性がなく、効き始めるのに時間がかかるとのことで、ドクマチール錠50ミリグラムを朝晩食後に一錠飲み、症状がひどい時に(必要時)にデバス錠0.5ミリグラムを飲むという処方でした。

うつ病に関する本も読んでいたので、自分に合う薬が見つかるのはだいぶ



スポンサードリンク


時間がかかるのだろうなと思っていましたが、ラッキーなことに、この2つの薬はとてもよく効き、胸の苦しさがだんだんなくなってきました。

当時症状は、ひどかったので、このとき、うつ病は薬で治るんだと実感しました。今でも、完治したとは思っていませんが、対処は出来る自身がつきました。

病院へ行くこと、休養を十分に取ること、心のあり方を見直すこと、気分転換をすること、カウンセリングを受けること、そして問題を一つ一つ解決していくこと。介護では、まず、自分が元気でないと共倒れになってしまうということを、実感しました。

先が見えない。これから、悪くなることはあっても、良くなることは決してない。いつまで続くかわからない。終わりの見えない長期戦、それも自分が先につぶれるかもしれない時間と体力と精神力の世界、そう思ってしまうと、疲労が極限に達したときに、うつ病になる可能性は高いです。そうなる前に、同じ悩みを持つ仲間の会に出かけていって、お互いのことを話すことで救われます。

★よく閲覧してもらっています。ありがとうございます<(_ _)>
介護予防型デイサービス
認知症 対処
認知症 高齢者とのコミュニケーション
認知症 コミュニケーション法
介護職員基礎研修
がん 保険 医療 終身




スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaigo888.blog123.fc2.com/tb.php/64-bbf2dc4a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

yassan8

Author:yassan8
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。